社会福祉法人 愛美会

愛美会TOP>人材育成

  • 基本理念
  • 愛美会概要
  • 各施設アクセス
  • 人材育成へのポリシーについて
  • ご挨拶・沿革

人材育成へのポリシーと取り組み

総合福祉・介護のスペシャリストとして-愛美会の人材育成

イメージ すべてのお年寄り、またそのご家族が安心して利用できるケア・サービスの提供には、ハード面での施設、サービス内容の充実とともに、ソフト面での職員一人ひとりの資質向上が欠かせません。第一義に人対人のサービスである総合福祉・介護の現場では、状況に応じて的確なケアやサポートを行うための専門技能や知識に加え、ご利用いただくお年寄りの方の思いをくみ取り、より満足度の高いサービスへとつなげるためのコミュニケーション能力など、総合的な「人間力」が求められます。愛美会では以下のような人材育成への取り組みを通じて、組織全体としてより高い質のサービス提供を目指しています。

学びの場の提供

施設内での勉強会を定期的に開催し職員のスキルアップに力を注ぐとともに、全国大会への参加や他施設での実地研修など外部研修会への参加を通じて広い視野での業界動向の把握や情報交換を行っています。より高度なケア・サービス実現のため、社会福祉士、介護福祉士、介護支援専門員といった各種資格の取得にも職員自ら積極的にチャレンジしています。

対話をはぐくむ

イメージ 毎朝のミーティング内で当番職員によるミニ・スピーチを実施しています。自らがテーマを選び、構成し、スピーチすることを通じて、話し手は人に伝えるためのマナーや表現力を、聞き手は相手の思いや要旨をくみ取る力を養います。また仕事だけでは垣間見れない仲間の新しい一面を発見することで、職員同士の理解を深めさらなるチームワークの強化に役立てています。


志のある組織づくり

福祉・介護に携わる人間として、すべての職員に常に自覚と責任を促し組織としての意思統一を図るため、愛美会における行動理念を「倫理綱領」や「職員行動基準」に明文化し、それを元に日々職員の指導にあたっています。またケア・サービスの質の標準化を実現するため各種業務のマニュアル化に取り組むなど、職員が一体となって組織力の向上に努めています。

将来のマンパワー育成

イメージ これからの福祉・介護を担う人材の育成を目的に、研修生やワークキャンプ、また中高生の職場体験等の受け入れを行っており、毎年延べ200名程の皆さまが参加されています。施設実習マニュアルに基づくきめ細やかな指導や、バストイレ、ミニキッチンを完備した宿泊施設など充実した研修環境の提供と同時に、当施設職員のリーダーシップ能力の向上にも効果を上げています。



▲このページのTOPへ