社会福祉法人 愛美会

愛美会TOPみどり荘TOP>通所介護事業所 みどり荘

通所介護事業所 みどり荘

私たちのケアポリシー

通所介護事業所みどり荘は、平成29年4月1日から四国中央市より愛美会に運営移譲されました。
当施設は、愛美会に移譲された事を機に運営方針を見直し、利用者の皆様が在宅生活を継続する為の心身の自立と機能維持・向上、社会性の保持を支援すると共に、ご家族の身体的精神的負担の軽減も図ることが出来るよう、軽度から認知症・重度者の幅広い対象の受入れも積極的に行い、利用者一人ひとりが自分らしく生きるお手伝いをします。

基本方針

・利用者の自律的な生活を支援する。
・利用者のニーズに基づく個別ケアを実践する。
・利用者の社会的な役割に配慮した居場所づくりを行う。
・利用者の在宅生活継続の視点に立ったサービスを提供する。

サービス内容

  • 【家】明るく家庭的な雰囲気のサービス提供
  • 【尊】個々の意思や希望を尊重した日課や余暇活動プログラム
  • 【交】交流の促進

【家】
明るく家庭的な雰囲気のサービス提供

環境整備に努め、明るく清潔で居心地の良い空間を作ると共に、利用者が孤立しないよう配慮し、職員が適宜適切な関わりを持ちます。
また、当事業所には認知症介護の専門研修を受けた職員を複数配置し、認知症ケアに高い専門性をもって当たります。


【尊】
個々の意思や希望を尊重した日課や余暇活動プログラム

利用者個々の身体能力や精神状態に配慮すると共にその想いを尊重したサービスプログラムを提供します。特に、認知症の方も「快」と感じられる時間を少しでも積み重ねられるよう、専門的な関わりと好奇心を持って取組めるプログラムを提供します。


【交】
交流の促進

利用者同士または他事業所の利用者やボランティア等との交流を促進し、閉じこもり防止や社会参加への動機付けを行い、認知症予防・自立支援をサポートします。



▲このページのTOPへ