社会福祉法人 愛美会

愛美会TOP豊寿園TOP>特別養護老人ホーム 豊寿園

特別養護老人ホーム 豊寿園

私たちのケアポリシー

特別養護老人ホーム豊寿園は平成27年4月1日に四国中央市より社会福祉法人愛美会へ運営移譲されました。これは、高齢化・重度化が進む中で将来的な特別養護老人ホームを展望した時に、市が運営するよりも医療と介護の連携が期待でき、また、民間の運営ノウハウを持った社会福祉法人に運営を委ねるのが望ましいという市の検討結果に基づき選定されたものです。
ケアの視点は公立も社会福祉法人も変わりませんが、医療と介護の連携を中心に「認知症ケア」「ターミナルケア」「個別ケア」へ専門性を生かしたよりレベルの高いケアサービスの提供を実践して行きます。

豊寿園基本理念
利用者のあるがままの生活を受容し、人権と自由を尊重した生活モデルを推進する。

豊寿園基本方針
○利用者本位のサービスを推進する。
○利用者ニーズを傾聴し個別ケアを推進する。

サービス内容

  • 【個】個別ケアの実践
  • 【安】安全、安心のサービス体制
  • 【連】職種間連携と医療との連携
  • 【栄】個々に合わせた栄養ケアマネジメント

【個】
個別ケアの実戦

利用者を集団ではなく個人として捉え、それぞれのライフスタイルや希望を傾聴することでその方が望む「個別ケア」へと結びつけて行きます。 日中の活動は「おといこさん」と呼ばれる施設内デイで担当職員がレクリエーションや趣味活動など個々に応じた日替わりメニューを用意してその方が自分らしい時間を過ごす事ができるようお手伝いをしています。


【安】
安全、安心のサービス体制

利用者に安全で安心なサービスを提供できるよう日々の介護の中での気付きを生かすために各職種、各部署及び他職種協働でのカンファレンスを開催し、施設内で情報の共有を図っています。


【連】
職種間連携と医療との連携

介護、看護、栄養部門がそれぞれ医師と連携し、利用者の生活全般を支えています。特に医療に於いては愛美会施設としての特性を生かすため協力医療機関(石川クリニック、石川記念会HITO病院)だけではなく、地域の医療機関の医師とも連携を取っています。


【栄】
個々に合わせた栄養ケアマネジメント

管理栄養士を中心に個別の栄養スクリーニング、アセスメントを実施し、一人ひとりのリスクを把握した上での栄養ケア計画を立案し、他職種協働で総合的な栄養ケアマネジメントを実施しています。また、食事の調理は、愛美会で唯一直営方式を採用しています。



▲このページのTOPへ