社会福祉法人 愛美会

愛美会TOP三島の杜TOP>地域密着型介護老人福祉施設

地域密着型介護老人福祉施設 三島の杜

私たちのケアポリシー

地域密着型介護老人福祉施設 三島の杜は、特別養護老人ホーム樋谷荘のサテライト型施設として、平成26年4月開設致しました。施設の南側には法皇山脈がそびえ、北側は瀬戸内海が一望できる好立地です。また、すぐ近くには国指定の天然記念物「下柏の大柏」があります。自然に恵まれた当施設で「常に寄り添い、共に助け合い、笑顔で過ごす」をモットーとしてご利用者の皆様が尊厳を保ちながら健康的に楽しく自分らしい暮らしを営めるように職員一丸となり取り組んでまいります。「下柏の大柏」は、樹齢1,000年を越すと言われており、三島の杜も大柏のように地域の皆様と共に歩み、根付いて行きたいと思っております。

運営理念

「常に寄り添い、共に助け合い、笑顔で過ごす」

三島の杜 運営方針

・敬愛、奉仕、誠実の精神をもって利用者の人格を尊重し、健康で楽しく、安らかな尊厳をもった、その人らしい生活が引き続き送れる施設となるよう努めます。
・また、「あたたかい心のケア」「生きがいづくり」「安全管理」「質の高いサービス」そして「自己研鑽」を基本としサービスを提供します。

三島の杜 職員行動指針

・心と心のつながりを大切にし、温かい心のこもった家庭的な関わりと個別の援助により利用者が尊厳を持って暮らす事が出来るよう努める。
・利用者がその人らしい、当たり前の生活を送り、幸せに暮らすために一人ひとりの生活を大切にする。
・施設内が常に安全で明るく清潔な状態に保たれ、職員と利用者の信頼関係が構築できる家庭的な環境作りに努める。

サービス内容

  • 【明】明るく、過ごしやすい空間づくり
  • 【笑】笑顔あふれる生活
  • 【健】健康な生活を願って
  • 【集】地域の皆様が集う施設へ

【明】
明るく、過ごしやすい空間づくり

明るく、過ごしやすい空間づくりユニット内の共同生活室には光庭があり、光を多く取り入れ明るい環境の中で生活が送れます。1ユニット10名(9名)で、全室個室のため、他者と関わる時間、個人で過ごす時間ともに、ゆとりをもって過ごして戴く事ができ、ご利用者自身のペースで生活が送れます。



【笑】
笑顔あふれる生活

笑顔あふれる生活少人数でのユニットケアを行うことで、生活の中で馴染みの関係が生まれ、ご利用者同士や職員との緊密な関係づくりができます。また、ご利用者お一人お一人への理解を深めることができ、ご希望やその方にあった生活に向けての改善点に気づきやすいという利点があります。日々、ご利用者のよりよい生活を考える事で、ご利用者の笑顔に繋げるケアに努めています。



【健】
健康な生活を願って

健康な生活を願って看護職員による日々の健康管理により、早期受診、早期対応を心掛け、ご利用者の安全、安心な暮らしの獲得へと繋げています。医療体制についても、平常時の病院受診は勿論のこと、緊急の時にも母体の医療機関(石川クリニック、HITO病院)との連携により、迅速な医療の提供が可能です。ご利用者が元気に日々を過ごせるよう万全の医療体制を整備しています。



【集】
地域の皆様が集う施設へ

地域の皆様が集う施設へ当施設の2階に地域交流ホールを設けており、施設内の行事だけでなく、ボランティアの慰問など地域の方々との交流の場としても活用し、地域の新たなコミュニティの場としての役割を担います。また、お祭りなどの地域行事にもご利用者と共に参加し、地域の方々との双方向的な関わりの中で地域に根差した施設作りを進めていきます。




▲このページのTOPへ