愛美会って?

はじめまして!社会福祉法人愛美会です。
イメージ

本州と四国を結ぶ瀬戸大橋が開通し、4年に1度のオリンピックが韓国・ソウルで開催された1988年。利潤追求を目的とするのではなく、支えを必要としている地域の高齢者のため「ほんとう」の介護・福祉サービスの提供を―
HITO病院を通じて愛媛県四国中央市の地域医療に携わってきた社会医療法人 石川記念会のそのような想いから、社会福祉法人愛美会は誕生しました。

翌年の特別養護老人ホーム樋谷荘の開設以来、91年に介護老人保健施設アイリス、98年にケアハウス虹の里、グループホーム虹の里をひとつの敷地内に併設し、各施設が連携、協力することであらゆるニーズにお応えできる総合福祉・介護サービスを提供。
その一方で、07年に市内村松地区にデイ・サービスセンターむらまつ、そして11年には小規模多機能型居宅介護を併設した地域密着型介護老人福祉施設山田井の郷を市内金生地区に開設。14年には、市内上柏地区にグループホーム、認知症対応型デイサービスを併設した地域密着型介護老人福祉施設 三島の杜を開設。15年には、四国中央市より移譲を受け、特別養護老人ホーム 豊寿園、デイサービスセンター ひうち荘、指定居宅介護支援事業所 豊寿園の運営を行うと共に、7月より住宅型有料老人ホームさくらの里を開設し、より地域に密着した新たな介護サービスを展開しています。

社会福祉法の定める法人として責任とその役割を果たし、すべての高齢者が安心して暮らせる豊かな毎日の実現のため活動しています。

医療からはじまる、次代を見据えたサービスを。
イメージ

愛媛県四国中央市の中核医療機関として24時間365日の救急診療を行うHITO病院。その運営元である社会医療法人 石川記念会が、私たち社会福祉法人愛美会の母体です。

医療と介護・福祉を連携させた独自性の高い愛美会のケア・サービスは、石川記念会がこれまで培ってきた地域医療への実績と経験に基づいています。

HITO病院のホームページはこちら
医療からはじまる、次代を見据えたサービスを。

皆さんが活躍する主なフィールドとなるのが地域福祉の総合拠点「ケアタウンひのたに」。 愛美会では緑あふれる法皇山脈のふもと、うららかな瀬戸の海を臨むこの場所で樋谷荘を中心に、それぞれの施設の機能と役割を活かし一体となって総合的な介護・福祉サービスを提供しています。

イメージ 特別養護老人ホーム/樋谷荘 ケアハウス・グループホーム/虹の里 住宅型有料老人ホーム/さくらの里

クリックすると愛美会本サイト内の各施設紹介ページをご覧いただけます。

イメージ 山田井の郷
イメージ 三島の杜
イメージ 豊寿園