社会福祉法人 愛美会

愛美会TOP山田井の郷TOP>地域密着型介護老人福祉施設

地域密着型介護老人福祉施設

私たちのケアポリシー

「地域のために、施設のために、ご利用者のために、そして私たち自身のために知恵を出し合います。」地域密着型介護老人福祉施設 山田井の郷は特別養護老人ホーム樋谷荘のサテライト型施設として、平成23年3月に開設いたしました。山田井の郷では、これまで樋谷荘で醸成してきた認知症ケアやターミナルケア等の介護・医療のノウハウを引き継ぎ、さらにユニットケアを導入したことで、家庭的な雰囲気の中、ご利用者の皆様一人ひとりのライフスタイルを尊重し、安全・安心にその方らしい生活が送れるよう個別ケアの充実を図っております。「生活の場」である施設においてもこれまでの暮らしが継続できるよう各専門職が連携を図り、質の高いサービスの提供を心がけております。そのために以下の点を目標に掲げております。

運営理念

「家族のような温かさで、今この瞬間(とき)を共に歩む」

山田井の郷 運営方針

・個を尊重した尊厳あるケア及び優しさ溢れる心のこもったケアの実践
・個別ケアの推進
・潤いある時間と空間の創造

山田井の郷 職員行動指針

・家との落差を埋めるために何をすれば良いのかを常に考え実践します。
・ケアの場面の流れ作業を封印します。
・今日、今私たちに何が出来るのかを常に考え行動します。
・できない理由を考えるのではなく、どうしたらできるのかを考えます。
・地域の中で誰もが共に過ごせる憩いの場所造りを行います。

サービス内容

  • 【快】少人数での安らぎ
  • 【暮】暮らしを実現する個別ケア
  • 【安】安心と実績の医療体制
  • 【催】地域とともに

【快】
少人数でのやすらぎのある環境を創るユニットケア 少人数でのやすらぎのある環境を創るユニットケア

少人数でのやすらぎのある環境を創るユニットケア 少人数でのやすらぎのある環境を創るユニットケア1ユニット10名(若しくは9名)と少人数での生活ケアを行うことで、ゆとりのある生活を生み出し、お一人おひとりのニーズに対応したケアを提供致します。また、ユニット内には、個室・トイレ・キッチン・リビング等を完備しており家庭的な環境のなかでの生活が可能となります。全室個室でありますので、一人でのんびりしたいときにはお部屋でゆっくりと休むことができ、お部屋から出ると、リビングでの団欒を楽しむことが出来ますので個人領域の確保と交流の機会を身近に実現することが可能です。



【暮】
お一人おひとりが望む「暮らし」を実現する個別ケア

お一人おひとりが望む「暮らし」を実現する個別ケアユニットケアを行うことで少人数でのケアが可能となり、職員もユニット専属であるため、顔馴染みの関係を形成し、安心感の獲得に繋がります。暮らしの面においても、集団ケアを排除し,お一人おひとりの状態や希望に合わせた生活プランを提供し、その方らしい「生き方」「暮らし方」の実現を保障します。



【安】
安心と実績の医療体制

安心と実績の医療体制医療機関が母体(石川クリニック、HITO病院)であるため、24時間365日の安心医療サービスを提供致します。日常的な看護職員による健康管理により、早期発見、早期対応を心がけ入居者・ご家族の安心にも繋がっております。



【催】
地域とともに歩む施設づくり〜服部一啓先生ギャラリーと足湯施設〜

地域とともに歩む施設づくり〜服部一啓先生ギャラリーと足湯施設〜地域交流ホールに足湯施設を設け、入居者と地域の方との交流の場となるよう開放しております。(9:00〜17:30)地域交流ホールでは、施設内の各種イベントのほか、地域やボランティアの皆様にも開放し、地域活動の拠点として自由に活用して頂けるようになっております。また、地域の皆様にも気軽にお立ち寄りいただき、多くの方にご覧いただけるよう、施設内各所に、服部一啓先生(書道ガールズの生みの親:元三島高校教諭)の作品を35点余り展示しております。




▲このページのTOPへ